JA紀南広報誌

2013年6月号p19-01

2013年6月号もくじ

10周年節目に再出発を  

全職員研修で組合長訓示  

 JA紀南は4月6日、上富田町の上富田文化会館などで全職員研修会を開き、パート職員を含む484人が参加しました。
 今年度の新入職員17人が壇上に並び、一同を代表して長野理江さんが「新しい一歩を踏み出す私たちは、組合員の営農・生活と地域の発展に貢献するよう努力します」と決意をあらわしました。
 中家徹組合長は、JAが今年合併10周年の節目の年を迎えたことに触れ、「25年度はJA紀南の再出発の年ととらえ、職員皆さんが目標意識を持ってがんばってほしい」と呼びかけました。
 全体研修の後は、同文化会館やJA本所などで各事業部門に分かれての分科会を開き、担当常勤役員から、新年度の事業計画や部門ごとの課題の説明を受け、職員はみな、心機一転の表情でした。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional