JA紀南広報誌

2013年5月号p25-01

2013年5月号もくじ

食と農の大切さを学んで  

中芳養小の子どもと料理
田辺ブロック 中芳養支部  

バームクーヘンの生地の巻き方を指導する女性会員

 女性会田辺ブロック中芳養支部(田中恵子副支部長)は3月26日、中芳養小学校家庭科室で「こども料理教室」を開きました。
 食と農の大切さを子どもたちに学んでほしいと、女性会と中芳養支所共同で企画。会員7人が講師を務め、参加した小学生ら19人がバームクーヘン、おかずクレープを作りました。
 バームクーヘンの生地を薄く伸ばして焼き、バターを塗った芯にクルクル巻きつけていきました。子どもたちは苦戦しながらも会員の指導のもと、皆上手に巻けました。
 おかずクレープも、生地を薄く焼き、カニカマボコやゆで卵、サニーレタスなどの具材の中から好きなものを選んで巻きました。
 試食した子どもからは「バームクーヘン美味しい」といった声が聞かれました。講師を務めた会員は「今日の材料はAコープに行けばすべて揃います。お家でも作ってみたいという子がいたらレシピがありますよ」と話していました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional