JA紀南広報誌

2013年5月号p24-03

2013年5月号もくじ

各協同組合と連帯強化も  

クリーンウォークに430人
JA紀南女性会  

ゴミを拾いながら地域を散策(田辺市内)

 JA紀南女性会は3月9日、管内7ブロックの14カ所で「県一斉クリーンウォークin和歌山」を行い、会員や職員430人が参加して、地域を歩きながらゴミを拾いました。
 自分たちの身近な地域を探索しながら美化活動に取り組むクリーンウォーク。ブロックごとに、田辺で77人、白浜で45人、とんだで67人、上富田で51人、なかへちで80人、日置川で32人、すさみで42人、串本で36人が参加しました。
 また今年は和歌山県内の生活協同組合や森林組合、漁業協同組合も参加し、協同組合相互の連帯強化と意識の高揚をはかりました。
 会員らは揃いのブルゾンに身を包み、手にはゴミ袋と火ばしを持ってスタート。道端に落ちた空き缶やペットボトル、タバコの吸い殻などを拾いながら街を散策しました。
 田辺ブロックのクリーンウォークは女性大学「きらっと」の第20回講座も兼ね、受講生20人が参加し、受講生らは女性会員との交流を深めていました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional