JA紀南広報誌

2013年4月号p31-01

2013年4月号もくじ

観梅ウォーキングや大正琴演奏  

田辺市長野の分譲地でイベント  

満開の梅の花を見ながらウォーキングを楽しむ家族連れら

 田辺市長野の地域団体「長野宅地造成委員会」(那須豊平委員長)は2月16日、西原団地で観梅イベントを開きました。梅の花が満開の中、ウォーキングイベントや地場産品の販売、大正琴演奏などが催され、地元住民や家族連れで賑わいました。
 市が分譲している西原団地を知ってもらい、居住者を増やすことにつなげようと昨年から開催。地域で活動する女性や子どものグループ、JA長野店なども協力し、地元の魅力をアピールしました。
 梅のパイロットを通り、那須与一の墓石が残る不動寺までを歩くウォーキングには約30人が参加。満開の梅の花に歓声を上げたり、不動寺の歴史に耳を傾けたりして楽しみました。
 このほか地元発祥の梅「古城」で造った梅酒の試飲、真砂充敏田辺市長も参加した梅の種飛ばし大会、餅まきなども開催。JAの「うめっぴ&みかっぴ」、熊野の「超鳥人ガイナ」と「妖怪だるだる」のゆるキャラも登場し、子どもらから人気を集めました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional