JA紀南広報誌

2013年4月号p30-02

2013年4月号もくじ

つれもていこ~よ その75  

ひき岩群国民休養地  

自然公園センター周辺は田辺市隋一の桜の名所

 田辺市の市街地から5㌔ほど離れた山間地に、いくつもの奇怪な形の岩が並んでいるのが「ひき岩群」です。100㍍足らずの高さで、それぞれ北側の斜面が絶壁となっており、カエルが天を仰いでいるような様子から「ひき岩」と呼ばれるようになりました。
 中でも、稲成川の県道沿いにそびえる岩のひとつが「蟾蜍岩(ひきいわ)」と呼ばれる県指定の天然記念物で、見上げるとカエルの形そっくりです。
 国民休養地内には「ふるさと自然公園センター」があり、ひき岩群のほか、田辺の自然などを写真やパネル、標本で分かりやすく紹介。専門知識の豊富な観察指導員が、生き物のことや自然観察についての質問に答えてくれます。
 ふるさと自然公園センター周辺は田辺市随一の桜の名所でもあり、毎年春(今年は3月31日予定)には「桜まつり」が開かれ、多くの花見客で賑わいます。自然観察路(遊歩道)も整備されていますので、桜を見ながら散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。
【所在地】ふるさと自然公園センター=田辺市稲成町1629
(JA紀南発信)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional