JA紀南広報誌

2013年4月号p08-01

2013年4月号もくじ

記念すべき初代王者に上富田F.C  

第1回 JA紀南杯 ちゃぐりん少年サッカー大会  

安定したチームワークを見せ、全試合無失点で優勝した上富田FC

 JA紀南は2月11日、すさみ町総合運動公園で「第1回ちゃぐりん少年サッカー大会」を開きました。主催は西牟婁地方少年サッカー会。管内から10チームの参加があり、選手らは日頃の練習の成果を発揮していました。熱戦を展開した結果、上富田FCが初代王者に輝きました。

10チームが熱戦を展開  

ねばり強さで勝ち進み、準優勝に輝いた南紀ジュニアサッカークラブ

 JAでは子どもの健全な成長を応援しようと、さまざまなスポーツ大会を後援していますが、サッカー大会は初の開催。子どもたちにJAへの親しみを持ってもらおうと、大会名に子ども雑誌「ちゃぐりん」を入れています。
 当日は冷たい風が吹くコンディションでしたが、選手たちは元気いっぱいに会場へ集結。開会式では主催者のあいさつや開会宣言の後、上富田FCの小藪健太くんが声高らかに選手宣誓しました。JAの本田勉副組合長と大会のイメージキャラクターである「うめっぴ」によるPKもあり、会場を盛り上げる場面もありました。
 試合はトーナメント方式の15分ハーフ。素早いドリブルや見事なパスワークで相手を抜き去ったり、ラインを割るまで全力で走ったり、力強いシュートを決めたりと随所に好プレーが見られました。
 決勝戦は、安定した力で勝ち上がった上富田FCと接戦をものにしてきた南紀が対戦。手に汗を握る展開でしたが、全試合無失点で勝ち進んだ上富田FCが決勝も得点を与えず、2対0で優勝を手にしました。

元気いっぱいに選手宣誓を務めた小藪健太くんゴールキーパーとの激しい攻防
華麗なドリブルで相手を抜き去る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional