JA紀南広報誌

2013年12月号p27-01

2013年12月号もくじ

青年部員紹介  

父の仕事を見ながら勉強中  

田辺市長野 森 啓修さん(36歳)

 今までサラリーマンをしてきたが、昨年の6月に就農した。長男ということもあり、30歳になった頃から「そろそろかな」と思っていたので、父が現役のうちに農作業の手伝いから始めた。今は父の作業の仕方を盗みながら勉強中だ。
 農業は良くも悪くも自然が相手だ。作業は自分のペースでできる反面、天候の都合で先の予定が立てにくい部分もある。
 農作業をしているとあまり人と話す機会が少ないが、青年部では作業の状況やアドバイスなどの話をすることができ、非常にありがたい。(長野支部)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional