JA紀南広報誌

2013年12月号p23-03

2013年12月号もくじ

つれもていこーよ No.83  

「八木新宮特急バス」に乗って日本一巡り(新宮市)  

JR新宮駅を出発する八木新宮特急バス

 全長166・9㌔、停留所の数167カ所! 高速道路を使わない路線バスとしては日本一長い距離を走る八木新宮特急バスです。JR新宮駅(新宮市)から近鉄大和八木駅(奈良県橿原市)まで、片道約6時間30分をかけて国道168号線を運行しています。
 この路線は昭和38年に運行を開始し、自家用車の普及した現在でも、世界遺産・熊野古道や日本有数の温泉地など、紀伊半島の歴史や大自然を存分に味わうことのできる貴重な路線として活躍しています。
 長時間に及ぶ道中は、休憩を取りながら、山道を進みますが、対向車もすれすれの狭い道が多いことに驚かされます。途中、観光案内の車内アナウンスを聞きながら数々の名所を通過します。熊野三山のひとつ「熊野本宮大社」、日本最古の温泉「湯の峰温泉」、面積日本一の「十津川村」、生活用鉄線としては長さ日本一の「谷瀬の吊り橋」などです。
 宿泊も兼ねて温泉に入るなどすれば、さらに満喫できる旅となるでしょう。料金は大人5250円(新宮駅〜八木駅、平成25年10月21日現在)。途中下車は車内の案内を確認してください。新宮駅・八木駅両方に出発便があり、それぞれ毎日3本を運行しています。
 お問い合わせ先は、奈良交通お客様サービスセンター(年中無休、8時〜19時、電話0742・20・3100)。(JAみくまの発信)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional