JA紀南広報誌

2013年12月号p15-02

2013年12月号もくじ

「みんなのよい食」街頭宣伝  

Aコープ2店でミカン手渡す  

ミカン「天」を手渡す本田勉組合長(串本・Aコープヴァセオ)

 JA紀南は10月17日、あぜみち(とんだ)・ヴァセオ(串本)のAコープ2店の店頭で今年度2回目の「みんなのよい食プロジェクト」街頭宣伝活動を行いました。
 このプロジェクトは、日本人にとっての『よい食』とは何かを消費者・農家とJAが一緒に考えようという国産農畜産物推進運動です。今年度は県内JAグループが統一日を決めて取り組んでおり、街頭宣伝は7月に続き2回目。
 当日はヴァセオに本田勉組合長、あぜみちに山本治夫専務が出向き、Aコープ店長や本所職員とともに活動しました。開店時から、来店客一人ひとりに“国産推進”を呼びかけ、JAの温州ミカンと啓発チラシなどを手渡しました。
 ミカンはJAの上級ブランド「天」を両店で260人分を用意し、思いがけないプレゼントにお客様もニッコリと、受け答えしてくれていました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional