JA紀南広報誌

2013年12月号p05-02

2013年12月号もくじ

梅と骨粗鬆症予防の関連性  

今年も組合員ら参加の疫学調査
紀州田辺うめ振興協議会  

 JA紀南と田辺市でつくる紀州田辺うめ振興協議会は、和歌山県立医科大学のグループとともに、梅と骨粗鬆症予防の関連性についての疫学調査を進めている。今年度も500人を目標に梅の摂取頻度のアンケート調査や骨密度・筋量などの検診調査を行い、研究データを蓄積させたい考えだ。
 同協議会は平成22年に梅の機能性などの研究を和医大の宇都宮洋才准教授に委託。23年には、梅の抽出物が骨を形成する骨芽細胞の分化と増殖を促進することが科学的に証明された。これを受け今年2月と3月に150人規模で最初の骨密度測定などの調査を行ったばかりだ。
 今回の調査は、先に11月10日の田辺農林水産業まつりの会場で行い、さらに11月30日から管内4会場で実施の予定で、各地区生販組織などを通じ生産者や女性会員の参加を呼びかける。参加の申込みは各支所長などが受け付ける。
 調査項目は前回と同じで、梅の摂取頻度や生活習慣のアンケート、問診、骨密度・身長・体重・体脂肪率・筋量・BMI等の測定など。
 協議会では「明らかになった梅の機能性は、メディアを通じて発信し、特産品である梅を全国にアピールしたい」との展望を持つ。
 各会場の日程と対象地区は別表の通り。

各会場の日程(対象地区と時間)  

●11月30日=中芳養支所(9:00 芳養・田辺、9:30 中芳養、10:15 上芳養)
●11月30日=中央購買センターコピア(13:00 稲成、14;00 秋津、14:30 万呂、15:00 上秋津、15:30 秋津川、16;00 新庄)
●12月1日=三栖支所(9:00 下三栖、9:30 中三栖、10:15 上三栖、11:00 長野、11:30 上野)
●12月1日=上富田事業所(13:00 岡、13:30 市ノ瀬、14:00 岩田、14:30 生馬、15:00 朝来他)
 *地元の会場・時間でなくとも参加可能です。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional