JA紀南広報誌

2013年11月号p13-02

2013年11月号もくじ

ボランティア活動を通じて  

あすなろ会の夏祭りで模擬店
鮎川支所  

夏祭りで模擬店の手伝ってふれあう

 鮎川支所では、ボランティア活動を通じて地域の方々とのふれあいを深めようと、8月24日に大塔あすなろ地蔵盆夏祭りに職員4人が参加しました。
 職員は模擬店を手伝いました。住民の方から「暑いけど頑張ってな」、「ご苦労様」との温かい言葉や、「これ食べよし」とカキ氷の差入れをいただき、暑さも一瞬にして消えました。
 数時間でしたが、あすなろ会の職員やボランティアの方々との共同作業を通じたふれあいに、時間が経つのも忘れて活動することができました。 (鮎川支所・新川朝広)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional