JA紀南広報誌

2012年9月号p22-02

2012年9月号もくじ

醤油や砂糖で手作り  

焼肉のタレ講習開く
白浜ブロック・とんだ支部椿地区  

協力しながらタレを作る会員

 女性会白浜ブロックとんだ支部は7月19日、白浜町椿の区民会館に椿地区の会員12人を集めて、焼肉のタレ作り講習会を開きました。会員からは、「おいしい!」と好評でした。
 タレは永長産業の朝鮮漬けの素を使って、醤油、砂糖、リンゴ、ニンニクで作るもの。会員らは材料をミキサーに掛けて鍋に移し、朝鮮漬けの素と砂糖を入れる、30秒ほど沸騰させてから冷ますといった工程をこなしました。
 会員は、出来上がったタレを炒めたタマネギにかけて試食し、「自分でも作ってみたい」と大好評でした。
 このほか、塩麹を使ったニンジンのきんぴら、スクランブルエッグ、キュウリとナスの漬け物も作り、それぞれ試食しました。
(白浜地区広報委員・巨海千都佳)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional