JA紀南広報誌

2012年9月号p22-01

2012年9月号もくじ

「面白い」「いい経験」  

男の料理教室開く
日置川ブロック  

梅じゃこごはんを仕上げる参加者

 女性会日置川ブロック(山本千世美ブロック長)は7月10日、JA日置支所調理室で「男の料理教室」を開きました。男性11人が参加し、会員が調理を手ほどきしました。
 メニューは、梅じゃこご飯、塩麹コールスロー、キュウリとナスの漬け物、肉じゃが、ささみといわしのフライ、味噌汁の6品。会員が講師となり、男性に基本的な包丁の使い方から、調味の仕方、フライの揚げ方といった応用まで丁寧に教えました。
 男性らは野菜を切ったり、ささみの筋を取る、いわしを手で開いて骨を取るなどの調理を進め、約2時間で料理を仕上げました。
 出来上がった料理を試食した男性からは「家では全く料理しないが、やってみたら面白かった。時々やろうと思う」「いい経験をさせてもらった。料理は全部おいしかったので、教室はぜひ続けてもらいたい」などの感想が聞かれました。
 山本ブロック長は「男性から料理教室をしてほしいという要望があって初めて企画しました。会員が快く協力してくれてうれしいです」と話していました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional