JA紀南広報誌

2012年9月号p18-02

2012年9月号もくじ

田辺祭」の笠矛巡行へ  

JA田辺支所職員が参加  

地域の方と一緒に笠鉾を曳く田辺支所の職員

 闘鶏神社(田辺市湊)の例大祭「田辺祭」が7月24、25日に行われ、JA田辺支所の職員が笠鉾巡行に参加し、祭りの盛り上げに一役買いました。
 田辺祭は、「お笠」と呼ばれる笠鉾(山車)が市街地を練り歩くのが有名で、その姿を一目見ようと沿道には毎年多くの見物客が集まります。
 田辺支所では平成21年に海蔵寺通りに移設して以来、「地元の方から親しみを持ってもらおう」と同市南新町の笠鉾巡行に参加しています。
 今年は中畑博良支所長や渉外担当者、LA(ライフアドバイザー)ら男性職員6人が参加。岩田健さんは「とても暑い2日間でしたが、疲れを忘れるくらい貴重な経験ができた。今後も地域とのふれあいを大事にしたい」と話しています。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional