JA紀南広報誌

2012年9月号p12-01

2012年9月号もくじ

ミカン  

◆仕上げ摘果・収穫  

 収穫間近の極早生ミカンは、9月の樹上選果でS~2Lの果実に仕上げる。出荷前には園地ごとに果実分析を行い、品質基準をクリアした園地から収穫を開始する。
 着果の多い木では、仕上げ摘果・樹上選果の徹底を図る。極小果・極大果・傷果・日焼け果等の摘果も徹底する。中晩柑類の仕上げ摘果は、腰高果・傷果・小玉果・日焼け果等を取り除き、大玉果生産に取り組む。

◆マルチ被覆・かん水  

 早生ミカンは9~10月の秋雨を防ぎ土壌水分を抑えるのが糖度を上げるポイント。まだ被覆できていない園では、今からでも増糖効果が期待できるので被覆する。
 一方、土壌が極端に乾燥しすぎて木にストレスがかかりすぎると、減酸が進まず酸高になるので、定期的に品質調査を行ない、酸が高い場合はかん水を行う。ただし一度に大量のかん水を行なうと糖度が下がりすぎる場合があるので、一樹当たり20~30㍑とする。

◆浮き皮対策  

 秋季に降雨が続くと温州ミカンは浮き皮が発生しやすい。浮き皮対策としてセルバイン(300倍)または、スイカル(500倍)などの水溶性カルシウム剤を散布しよう。カルシウムを吸収させ果実組織を強化して浮き皮を軽減する効果がある。8月下旬から20日間隔で3回散布する。

◆病害虫防除  

○カメムシ
 発生が多い場合はMR.ジョーカー水和剤(2000倍・14日前・3回以内)、またはテルスター水和剤(1500倍・前日・3回以内)で防除を行う。

○サビダニ
 昨年発生が見られた園地では今年も注意が必要。サンマイト水和剤(3000倍・3日前まで・2回以内)を散布する。

○青かび病・緑かび病
 極早生・早生ミカンの早出し用には、腐敗対策としてベフラン液剤25(2000倍・前日まで・3回以内)を散布する。

◆極早生の秋肥  

 9月下旬から極早生ミカンは秋肥の施用時期となる。施用量は10㌃当たり完熟みかん配合を240㌔、または粒状みかん配合を200㌔で、いずれもアヅミン60㌔を併用する。2回分施とし、1回目は9月下旬~10月上旬まで、2回目は10月上旬~10月中旬までに施用する。(秋津谷営農室・行森照明)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional