JA紀南広報誌

2012年7月号p21-02

2012年7月号もくじ

V字になるよう誘引を  

ナスの整枝講習会開く
上富田ナス部会  

ナスの整枝を実演する参加者

 【富田川営農室】上富田ナス部会(柏山廣治会長)は5月14日、上富田町市ノ瀬の圃場でナスの整枝講習会を開いた。生産者5人が整枝や誘引方法を学んだ。
 上富田地区では20年ほど前からナス栽培が始まったが、年々生産者は減少しており、平成24年度は新規に栽培を始めた2人を含めて5人で、面積は約30㌃となっている。
 講習会では、営農指導課の堀修実審査役が講師を務め、整枝方法を説明。茎が柔らかい状態の時に主枝と勢いの強い側枝から4本を選び、2本ずつV字になるように支柱に誘引する、懐まで日光が当たるように角度を広げるようにするといったポイントを解説した。
 堀審査役は「ナスは水と施肥が必要な植物。土が渇いてきたら水をやり、収穫が始まるぐらいから追肥をしていかないといけない」と話した。
 同地区のナスの収穫は6月から始まり、12月ごろまで続く見込み。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional