JA紀南広報誌

2012年7月号p16-01

2012年7月号もくじ

ミカン  

◆温州ミカンの摘果  

 24年産の温州ミカンは、全般的に裏年に当たるが、園内には着果の多い木、少ない木が混在している。着果の少ない木は摘果を急がず、8月下旬からの後期摘果に重点を置く。また、着果過多樹や極早生などでは、肥大促進や階級のバラツキを少なくするために、遅れないように摘果を進める。

○極早生・早生早期出荷タイプ
 こだわりグループの「日南一号」「上野早生」を除く極早生や早生の早期出荷タイプでは、階級によって価格差が発生するため、収穫時にはL・M果になるように努める。そのため、着果の多い木は遅くても7月上旬までに粗摘果を済ませておきたい。(表1)(写真1)
 樹勢が弱い木では、主枝の先端から30~50㌢までを摘果し、樹勢維持を図る。

○早生・木熟ミカンタイプ
 着果の多い木から摘果作業を進め、収穫時にM・S果が中心になるように努める。
 特に着果の多い木では、品質向上と隔年結果是正のため、樹冠上部全摘果に取り組んでいただきたい。着果の少ない木は後期摘果に重点を置く。

◆マルチ被覆  

 マルチ被覆は、被覆率を高め、被覆時期を早めることによって、いかに早く水分ストレスをかけるかがポイントとなる。着果の少ない木でも、品質を向上させるためにはマルチ被覆は重要である。
 被覆時期は、極早生で7月上旬、早生・木熟ミカンでは8月上旬を目安に作業を進める。
 また、天候や園地条件によって極度の水分ストレスのかかる園では、潅水が必要な場合もあるため、肥大や品質をこまめに確認する。

◆品質向上対策  

 対策の一つとして、フィガロン乳剤の散布は効果的だ。
 熟期促進のみに使用する場合は、第1回目は満開後50~90日後、2回目は満開後70~110日後(ただし収穫14日前まで)で、3000倍10㌃当たり300㍑を目安に、葉先からしたたり落ちる程度に散布する。(他剤と混用する場合は、5000倍)ただし、樹勢の弱い木には使用しない。
 温州ミカンでの総使用回数は4回以内、1000倍希釈の場合は1回とする。

◆病害虫防除  

○黒点病
 樹上の枯れ枝や園内に放置された剪定枝が発生源となり、降雨のたびに漏れ出した病原菌が葉や果実に感染し発病する。効率的に防除するには、まず園内の枯れ枝を除去することが大切だ。防除は前回散布からの降水量が200㍉以上、降水量が少ない場合でも30~40日間隔を目安に、ペンコゼブ水和剤(600倍・30日前まで・4回以内)、またはエムダイファー水和剤(600倍・60日前・2回以内)を散布する。

○ロウムシ・カイガラムシ類
 近年、温暖化の影響で幼虫発生が前進化傾向にある。7月上旬の幼虫発生適期を逃さないようにスプラサイド乳剤(1500倍・14日前まで・4回以内)を葉裏にもかかるように丁寧に散布する。
○高接ぎ・苗木の新梢管理
 樹冠を拡大させるには、夏芽をしっかり伸ばし、充実させることが大切である。
 ミカンハモグリガ・アブラムシの発生には十分注意し、発生を確認次第、モスピラン水溶剤(2000~4000倍・14日前・3回以内)等を散布する。
(営農指導課・谷口光宏)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional