JA紀南広報誌

2012年12月号p08-02

2012年12月号もくじ

 

◆整枝・剪定

 12月中旬になると自発休眠が完了して発根が始まり、蕾が膨らみ始める。剪定が遅れると不要な枝にまで開花準備の養分が使われ、貯蔵養分がムダに消耗されることになるので、効率よく作業を進めよう。

◆土づくり

 梅は、好石灰植物であり石灰の消耗が早いため、土壌分析などで過剰と診断されていない限りは基準量に従って施用する。
 また、近年の夏期の干ばつに耐えうる樹園地づくりのために、草刈での敷き草やワラ等有機マルチの施用も重要である。樹体が乾燥や成り疲れによって低下している場合はタコツボ深耕(ハイフミン、アヅミン等混和)を行い、新根の発生を促すことも有効な方法である。

◆病害虫防除

○カイガラムシ類
 カイガラムシ類が発生すると、その排泄物や分泌物等を栄養源として、こうやく病を生じさせる場合がある。防除は、孵化抑制などを目的として、12月上旬に石灰硫黄合剤(10~15倍・発芽前)散布する。
 なお、硫黄系の薬剤に弱い「皆平早生」などの在来種には散布を控える。また、かいよう病でICボルドーを使用している園では、2週間以上の散布間隔を空けるようにする。
 また、1月中旬までで、なおかつ開花前までは、95%・97%マシン油で防除できるデータもある。使用の際には品種や樹勢等の注意点があるため、営農指導員までお問い合わせください。

○モンパ対策(梅・スモモ)
 二代畑等では、改植を行っても、モンパ病で枯れていく場合がある。モンパ病に感染している木を伐根するだけでは、十分な予防効果が得られないケースもある。薬剤対策として、フロンサイドSC500倍(収穫後から開花前まで、ただし60日前まで、年1回以内)の潅注(1樹当たり50~100㍑、樹幹から半径1㍍程度の範囲)を行うことも重要である。
(富田川営農室・中平剛史)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional