JA紀南広報誌

2012年12月号p07-01

2012年12月号もくじ

中央支所(仮称)着工へ  

地鎮祭に関係者41人  

工事の無事を祈願した地鎮祭

 JA紀南は、稲成・秋津・万呂の3支所を再編した中央支所(仮称)を田辺市秋津町の「紀菜柑」近くに建設する。10月29日には新築工事の地鎮祭を行い、関係者が工事の無事を祈願した。
 新支所は、鉄骨造で総床面積543平方㍍。工期は約6カ月で、来年4月に竣工する予定。
 今回の支所再編で秋津支所は閉鎖、稲成支所と万呂支所はそれぞれ稲成店、万呂店となり、職員一人を配置する。また紀菜柑隣の旧中央集出荷場を中央購買センター(仮称)に改装し、通年営業を行う。営農室もセンター内に設置する。
 地鎮祭には、JA役職員や3支所の運営委員長、工事関係者ら41人が出席。中家徹組合長は「支所機能再編の一環として、理事、地区運営委員、組合員の深い理解のもと、着手することができた。無事完成することを願う」とあいさつした。

○ 支所の着工に伴い、これまで紀菜柑や集出荷場への進入路として利用されていた、河川敷側と新設した市道からの出入り口は11月12日から通行止めとなります。そのため、中央SS横の紀菜柑入り口からの出入りをお願いします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional