JA紀南広報誌

2011年7月号p09-01

6月6日 梅の日  

各地で記念行事盛大に
紀州梅の会や関 係 団 体  

 「梅の日」の6月6日、田辺市やみなべ町のJA、行政、生産者らでつくる紀州梅の会(真砂充敏会長)は、旬を迎えた紀州梅をアピールしようと各地でイベントを行った。東京都では、大田市場でトップセールスを開いたり、首相官邸で菅直人首相に梅干しを贈ったりした。

地元では、熊野本宮大社で記念式典「梅祭式」があり、梅漬け儀式で出席者が南高梅をタルに漬けた。また「子どもたちに梅に親しんでもらおう」と、JAと田辺市でつくる紀州田辺うめ振興協議会が田辺市内の学校給食用として梅を提供した。

梅娘らが菅総理に青梅と梅干しを手渡し、梅の疲労回復効果などをアピール。菅総理はその場で梅干しを2粒ほおばり、「おいしい」と感想を述べた
大田市場では下宏副知事や真砂市長、中家徹組合長らが出席して「梅フェア」を開き、仲買人らに梅をアピールした
大宮大社での漬け梅儀式では、収穫したばかりの南高梅を20㌔をタルに漬けた

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional