JA紀南広報誌

2011年7月号p06-01

女性会が総代会開く  

新会長に堅田さんが就任
「地域に根ざした活動を」  

TPP問題の講演を聴いたリーダー研修会

 JA紀南女性会は5月6日、営農生活本部ふれあいセンターで「第9回女性会総代会」を開き、新しい会長に白浜ブロックの堅田チヤ子さんを選任した。その後のリーダー研修会ではTPP(環太平洋経済連携協定)について知識を深めた。

 JA女性会は田辺、白浜、なかへち、上富田、日置川、すさみ、串本の7ブロックで構成されており、会員数は2286人。各ブロック・支部では料理や文化教室、クッキングフェスタを、全体では家の光大会やママリンピックなどの活動を行っている。
 総代会には40人の総代が出席。活動報告や計画、新役員の承認についてなどの議案審議を行い、全議案を満場一致で可決した。
 役員改選で会長に就任した堅田チヤ子さんは「地域に根ざした女性会活動を展開していきたい」と抱負を述べた。
 総代会終了後、リーダー研修会を開き、JA和歌山中央会・営農農政部の西川均部長が「TPP問題について」をテーマに講演。WTOやFTAとの違いなどを詳しく解説し、日本農業を守るため、JAグループとしてTPPへの参加を反対する意向を述べた。
 女性会の本部役員(任期2年)は次の皆さん。(敬称略、カッコ内はブロック名)
 ▽会長=堅田チヤ子(白浜)▽副会長=山本千世美(日置川)、瀧本かおり(田辺)▽フレッシュミズ部会長=山崎典子(田辺)▽同副部会長=竹内明子(田辺)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional