JA紀南広報誌

2011年6月号p06-01

農業の理解促進や消費拡大充実へ  

新部長には愛須さん(秋津)が就任
青年部が第8回通常総会開く  

 JA紀南青年部は4月7日、JA営農生活本部ふれあいセンターで「第8回通常総会」を開いた。新会長には愛須庄太さん(秋津支部)が就任。活動では農業に対する理解促進や農産物の消費拡大などの目標を掲げ、新しい執行体制でスタートを切った。
 次代の農業を担う青年部組織は13支部からなり、概ね40歳以下の部員218人で構成される。各地で食農教育活動や農産物の消費拡大運動を行い、農業の活性化と振興に積極的に取り組んでいる。
 総会には180人(本人出席111人、委任状出席69人)が出席。平成22年度収支決算の報告や今年度の活動計画、役員改選などの4議案を審議した。
 議案審議後、各支部の代表が農業に対する考えや将来展望などを発表する「青年の主張」が行われ、農業の魅力や安全・安心、名産品へのこだわりを話した芳養支部の玉置貴啓さんが最優秀賞を獲得。紀南代表として、8月の「JA和歌山県青年大会」で発表することが決まった。
 23年度の本部役員と支部長は次の皆さん。(敬称略、カッコ内は所属支部)
【本部役員】部長=愛須庄太(秋津)▽副部長=谷本憲司(上富田)、谷本恭一(芳養)▽会計=那須淳(長野)▽監事=片井邦芳(中芳養)、野田昌宏(万呂)
【支部長】稲成=宮崎孝之▽秋津=輪玉貴昭▽万呂=前田健佑▽中芳養=村上和也▽上芳養=渋谷文彦▽上秋津=中山雄史▽秋津川=坂本旭▽三栖=桐本佳彦▽長野=滝本安彦▽新庄=樫山京平▽芳養=尾鼻孝則▽上富田=福田敦▽大辺路=北和幸

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional