JA紀南広報誌

2011年3月号p27-03

最多の4654人が力走  

上富田で口熊野マラソン  

42.195㌔の長丁場、フルマラソンの部のスタート

 上富田町で2月6日、「第16回口熊野マラソン大会」が開かれ、県内外から過去最多の4654人が集結、ランナーたちは沿道の声援を受けながら力走しました。主催は同マラソン実行委員会で、後援はJA紀南など。
 同大会はフルマラソンをはじめ、距離や年齢ごとに25の部門があり、今年からは新規にウォーキング部門を設立。コースも一新され、富田川沿いを中心とした高低差が少ないコースになりました。
 スタート地点の上富田町役場前では、スタートの合図とともに一斉にランナーが飛び出しました。沿道からは大勢の観客が選手に声援を贈っていました。
 マラソン参加者からは「コースが新しくなり、走りやすかった」「沿道の応援や運営の方の対応がよく気持ちよく走れた」といった声が聞かれました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional