JA紀南広報誌

2011年12月号p25-01

グッドヘルスケア 第102回  

肥満を防ぐ4つのポイント  

①よく噛んでゆっくり食べる
 食事時間をゆっくり楽しむことは、味覚を楽しめ、満腹感を実感でき、食べ過ぎ防止ができます。一口20回といいますが、まずは一口10回から始めましょう。
②夜遅い食事をやめる
 就寝前3時間以内の食事は控えましょう。果物には吸収しやすい果糖が多く含まれていますので、できれば朝や昼間に食べましょう。
③こまめに体を動かす
 少し多めに歩く、ストレッチやスクワットなどちょっとの間で行えることをこまめに行いましょう。
④ストレスをためない
 無理な食事制限のダイエットにより、「大好きなものが食べられない」というストレスは必要以上に食べることに執着する危険をはらみます。無理なダイエットや急激なダイエットをしないこと。ストレスをためないことが大事です。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional