JA紀南広報誌

2011年12月号p21-01

通信きらっと  

秋の散策を楽しむ
25人がすさみ江須崎島へ  

植物について説明を聞く受講生

 JA紀南女性大学「きらっと」は10月12日、第3回講座「プチ旅行 秋の散策」と題したすさみ町江須崎島への日帰り旅行を行いました。25人の受講生が参加し、「植物の詳しい説明が聞けて勉強になった」と自然を満喫していました。
 一行は「熊野の森ネットワーク いちいがしの会」の竹中清会長やスタッフの木村績さんらの案内のもと、江須崎島の遊歩道を散策しながら国指定の天然記念物「江須崎原生林」について学びました。
 講師から植物の名前や特徴などの説明を受けた受講生らは、より詳しい質問を求めたり珍しい植物の写真を撮ったりしながら遊歩道を歩きました。
 島内の春日神社で昼食をとった後、別のルートを通って江須崎の自然を満喫。「自分では歩きに来ることがないので参加して良かった」と一日を楽しんだ様子でした。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional