JA紀南広報誌

2011年12月号p20-02

たくあんや浅漬けづくり  

2会場で漬物講習会
日置川ブロック  

講師の説明を真剣に聞く会員

 女性会日置川ブロック(山本千世美ブロック長)は10月18日、JA市鹿野店、日置支所調理室の2会場で「漬物講習会」を開き、29人(市鹿野10人、日置19人)の会員が、たくあんなどの漬け物をはじめ、豆腐の作り方も学びました。
 講師は永長産業の宮崎宏之佐さんが務め、会員らはたくあんのビール漬けや浅漬けの漬け方を真剣に聞き入り、作業を進めました。
 漬物以外にも焼肉のたれや豆腐の作り方も教わり、終始笑いの耐えない講習会に。試食時には手作り豆腐のおいしさに、「来年は大豆から栽培してもっとおいしい豆腐を作ろう」と意気込む会員もいました。
 会員らは、たくあんが漬けあがる1カ月後を楽しみに首を長くして待っているようでした。(日置地区広報委員・楠本明秀)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional