JA紀南広報誌

2011年12月号p17-02

編 集 記  

■11月も半ばを過ぎ、ようやく秋が深まってきた。私の場合、スポーツと読書にはあまり縁がないが、食欲の秋はかなり満喫している。ミカン、柿、サツマイモ、栗など秋の味覚がおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまう。体調管理のため毎日体重を計ってグラフにしているが、計るだけで何の努力もしていないので折れ線グラフは毎日着々と上昇している。食べても太らない体質だと思っていたのは気のせいで、体質も年齢には勝てなかったらしく、このままでは立派な中年太りになってしまいそうだ。この状況を甘んじて受け入れるわけにはいかない。何かスポーツでも始めて肉体改造でもしてみよう。今からでも遅くはないはず…。(高橋)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional