JA紀南広報誌

2011年12月号p08-02

うめっぴ&みかっぴ人気上々  

彦根でゆるキャラまつり  

記念写真の撮影に追われ、大忙しのうめっぴとみかっぴ

 JA紀南は10月23日、滋賀県彦根市で開かれた「ゆるキャラまつりin彦根」に参加し、マスコットキャラクターの「うめっぴ&みかっぴ」が、紀南産農産物を懸命にPRした。全国から200体以上の着ぐるみが集まるゆるキャラ最大のイベントで、2日間で7万8000人が訪れた。
 JAの参加は3回目で、回を重ねるごとに、うめっぴ&みかっぴの人気も高まりつつあり、紀南の梅干しやミカンを待つ消費者も増加している。
 物産展では梅干しとブランドミカン「天」、うめっぴ&みかっぴのグッズなどを販売。「紀南の梅干しを待っていた」との声も聞かれたほど、会場にも浸透しており、来場者からはミカンの試食も評判は良く、順調に売れた。
 うめっぴ&みかっぴの着ぐるみの人気も上々で、舞台でのPRタイムや販売ブース近くでのグリーティングでは、カメラ撮影を求める来場者が多かった。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional