JA紀南広報誌

2010年7月号p23-02

北陸の名所を満喫!  

能登半島と輪島朝市へ
すさみブロック  

兼六園でガイドの説明を聞く会員

 女性会すさみブロック(宮田セツ子ブロック長)は5月27、28日の両日、26人が1泊2日で親睦旅行を行い、北陸の能登半島観光や輪島朝市などを楽しみました。
 早朝すさみをバスで出発した一行は、福井県の「越前竹人形の館」で昼食と施設見学、その後石川県の兼六園を観光しました。道中、大雨に遭遇しましたが、会員さんの日ごろの行いの良さからか、兼六園に着いたころには雨も止み、ガイドさんの案内のもと、ゆっくりと散策できました。
 夜は和倉温泉で名湯に浸かって疲れを癒し、日本海の幸に舌鼓を打ちながら談笑しました。
 2日目は輪島朝市を訪れ、会員らは家族や友人へのお土産にと、両手に持ちきれないほど買い物していました。その後「千里浜ドライブウェイ」を走り、帰路につきました。
 参加した会員は「大勢の会員と県外に行って、たくさん話ができて楽しかった」と満足そうでした。
(すさみ地区広報委員・愛須まさよ)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional