JA紀南広報誌

2010年7月号p18-02

支所や事業所にAED11台  

JA共済の交通事故対策活動で  

AEDの研修を受ける職員

 JA紀南では、地域の交通事故防止や交通安全教育に活用しようと、支所や事業所にAED(自動対外式除細動器)11台を設置しました。利用者の万一の救命救急時に備えます。
 JA共済が取り組む「地域の安全・安心プロジェクト」の交通事故対策活動の一環として、AEDを全共連から寄贈されたもの。
 これまでJA紀南ではAコープCOOK GARDENのみの設置でしたが、新たに田辺・中芳養・上秋津・白浜・とんだ・栗栖川・日置・すさみの各支所と、AコープAPIA・VASEO両店、紀菜柑に設置。5月18日、20日には職員がAEDの研修を受けました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional