JA紀南広報誌

2010年7月号p18-01

食品衛生管理は徹底して  

Aコープの取引先集め研修会
JA紀南店舗部  

衛生管理の徹底を呼びかける白岩さん

 地域の利用者に信頼される店舗づくりをしようと、JA紀南店舗部は5月26日、営農生活本部ふれあいセンターにAコープ店長と取引先担当者ら70人を集めて合同研修会を開きました。
 食品衛生管理会社の株式会社ビーンズ・キッチン代表取締役の白岩秀朗さんが、「食の安全通信簿」と題して講演。食品を製造する際の工程管理「HACCP」導入の必要性を説き、「何かが起きる前にチェックし、事故をゼロに近づけることが大切だ」と述べました。
 JAの杉谷孫司生活本部長はAコープ紀南の取り組みについて講演し、集客のアイデアや「地産地消」を理念とした直販型店舗の将来性などを語りました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional