JA紀南広報誌

2010年7月号p17-03

えいえい農  

農地の再区画整理が必要  

画像

《大辺路ブロック》
城本 巍さん
すさみ町周参見(すさみ支所管内)

 農業改良普及員をしながら少し農業をしていたが、定年後から本格的に取り組み始め、梅と山椒を栽培している。
 すさみ地域での農業の将来像として、農地の再区画整理が必要だと思っている。現在は1区画10㌃だが、30~40㌃に広げると機械効率が良くなり、作り手が増えて耕作放棄地が減る。優良地が増えれば、県外などからも農業をしたい若者たちが来るようになり、後継者を地域から必ずしも探さなくてはいけないということはない。農業をしていない人が農家を応援するシステム作りも必要だとも思う。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional