JA紀南広報誌

2010年5月号p33-01

FREETALK  

●本紙の感想やJAへのご意見、毎月表紙とふれあい広場を見るのが楽しみです。皆さん笑顔が素敵です。
(田辺市上の山・26歳女性)

●結婚して和歌山に来ました。貴誌は地元の話題がたくさん載っていて、知らない土地も身近に感じます。これからも地元の身近な話題を楽しみにしています。
(上富田町岩田・38歳女性)

●「農を生きる」の松本新一さんは立派ですよね。どんな状況の時も消費者との信頼関係を大切にされ、特に「あかんあかんと言わず、厳しい時こそ元気が必要!」という言葉は心に響きました。これからも身体に気をつけて花き生産に励んでいただきたいですね。
(串本町潮岬・46歳女性)

●山本千世美さんの発表文を読んで感動しました。たった3人から始まった団結がよくここまで大きく立派に出来たと思います。家族の協力が一番大切だけど、反対する人もいたと思うのに、よく会員が180名にまで上がってきたといろいろ感動です。
(白浜町日置・41歳女性)

●作物は天候により左右されます。冷え込みで梅の実の低温被害が多く、今から秀品の低下が心配されます。
(上富田町岩田・81歳男性)

●地域のこと、地域の人の声、税金のことまで幅広い内容で楽しませてもらっています。
(上富田町生馬・38歳男性)

●森づくりで自然環境保全は大変よいことである。新年度好発進で乗り切り順調に流れることを切望する。(田辺市中辺路町北郡・68歳男性)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional