JA紀南広報誌

2010年5月号p20-02

田辺支所への交通が便利に  

海蔵寺通りが3月末に開通  

テープカットを行う関係者

 田辺市の海蔵寺通りが3月末に開通し、JA田辺支所への車による交通手段が一層便利になりました。4月10日には田辺支所駐車場で、地元の海蔵寺通りまちづくり協議会による祈念セレモニーが行われ、多くの住民らが開通を祝いました。
 改良前の海蔵寺通りは、幅員4㍍ほどの道路で一方通行でしたが、開通後は道幅18㍍の相互通行となり、車道の両側に歩道が整備されました。
 開通記念セレモニーでは、仁坂吉伸県知事、真砂充敏田辺市長、JA紀南の中家徹組合長らが出席。JA田辺支所の職員らも会場に駆けつけ、来場者に「うめっぴ」のゆるキャラメルとチラシを200セット手渡しました。
 田辺支所の職員は「これまで前の道路が一方通行で不便でしたが、道幅が拡張されたので、多くのお客さまに来てもらえるよう、PRに努めたい」と話していました。
 会場ではこのほか、もち投げ、ぜんざいの振る舞い、中辺路清姫太鼓と熊野高校柔道部和太鼓集団熊野組による太鼓演奏などが行われました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional