JA紀南広報誌

2010年3月号p26-01

紀南YOUTH  

農家が結束して現状打開を  

田辺市中芳養 原代 潔さん

 就農して7年、梅とミカンを作っている。最近感じるのは、良い物を作ろうとすれば手間がかかるが、収入がそれに見合わないこと。そのバランスをとることが大変だ。今は個人の力だけで農業経営をしていくのが困難なので、協同組合らしく農家同士の力を結束して打開することが大切だと思う。
 青年部活動では、剪定の請負や梅干し加工に使う塩の配達などで同世代の交流を深めている。趣味のツーリングは最近していないが、また始めたい。(中芳養支部)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional