JA紀南広報誌

2010年3月号p23-02

過去最多の3775人  

上富田で口熊野マラソン  

スタートの号令とともに大勢がスタート

 上富田町で2月7日、第15回紀州口熊野マラソン(同実行委員会主催)が開かれ、県内外から過去最多の3775人が出場し、沿道からランナーに大きな声援が送られていました。
 このマラソンは距離、性別、年代別で計24部門あり、ハーフとフルは日本陸上競技連盟公認コース。上富田町役場付近から田辺市中辺路町までの富田川沿いを走る、自然豊かなコースが人気となっています。
 大勢の観客の声援を受けながら、ランナーは一直線にゴールを目指しました。毎年参加しているという男性からは「今年は天気が良く走りやすく、自己ベストに近いタイムが出せた」「残り3㌔で歩いた。来年はもっと練習をして臨みたい」との声が聞かれました。
 このほか役場付近では、JA上富田生産販売委員会による梅干しなどやポンカン、デコポンなどの農産物販売もありました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional