JA紀南広報誌

2010年3月号p13-02

地場産農産加工品を販売  

白浜支所で青空朝市  

地域住民に好評の青空朝市

 JA白浜支所は1月26日、駐車場スペースで「青空朝市」を開き、地場産農産物や加工品、生活用品を販売。大勢の買い物客で賑わった。
 朝市は毎月26日に開いているもので、町内の生産者が季節の野菜を出荷する他、上富田やなかへち地区からも花木、手作り加工品などが出荷されている。
 この日は午前9時の開店前から買い物客が列をつくるほどの盛況ぶり。出展されたダイコンやハクサイ、ビシャコやサカキ、ちらし寿司やもちなどは順調に売れた。
 買い物客は「この朝市は野菜以外にもお寿司などが揃っていて、非常に便利で役立っているのでうれしい」と話していた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional