JA紀南広報誌

2010年12月号p22-01

古都鎌倉と伊豆箱根半島へ  

リフレッシュ紀行に29人
JA紀南女性会  

 会員の親睦を深めようとJA紀南女性会(高山和代会長)は10月26日から28日まで、「第8回ママさんリフレッシュ紀行」を実施し、29人が新幹線でめぐる神奈川県の鎌倉や箱根など2泊3日の旅を満喫しました。
 鎌倉では、日本三大八幡宮の鶴岡八幡宮や鎌倉を代表する高徳院(鎌倉大仏)を拝観。富士山を望む名所大涌谷には山岳鉄道やケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで登りました。
 中でも日本唯一の山岳鉄道では、車窓からの眺めの良さはもちろんでしたが、スイッチバック式の運行で車掌が行ったり来たりして進行方向が変わる不思議な鉄道に参加者も興味津々でした。
 富士山の鑑賞スポットである大涌谷では、天候不順で見えませんでしたが、もう一つのスポットである成川美術館に移動したときには天気が良くなり、ガラス張りのロビーから絵画のように富士山が見え、大きな歓声が上がりました。
 バスガイドの知識豊富な案内と、穴場のお土産店や「飲めば3年長生きできる」というウルトラ生ジュースなどコース以外のお店紹介もあり、バスの中では地元にまつわる唱歌をみんなで合唱するなど楽しい旅となりました。
 参加した会員は「本当に楽しかった。こんな旅行ならまたぜひ行きたい」と満足していました。(ふれあい課生活指導員・上杉裕子)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional