JA紀南広報誌

2010年12月号p16-03

4つ子の柿? 田辺市中万呂で見つかる  

画像

 4つに分かれた柿(写真)が11月4日、JA万呂支所に持ち込まれ、職員や来店客の間で「何これ?」「珍しい」と話題になった。
 発見したのは田辺市中万呂の山本武治さん。品種は「早生次郎」で、「変形はたまにあるが、4つに分かれたものは長年作っているが初めて見た」と話す。
 原因は、生長過程で何らかの障害が生じたものとみられるが、春先の低温による生育遅れや天候不順の年に変形果が多いという。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional