JA紀南広報誌

2010年12月号p13-01

くらしとお金 その18  

 前回は、マイホーム購入における税制の有利な一面についてお話させていただきましたが、今回は環境の話題となると必ず出てくる「エコ」に関して知って得する住宅のお話やエコ商品についてお話させていただきたいと思います。

「エコ」ってどういう意味?  

 エコとはもともとはエコロジー(ecology)からきている言葉です。エコロジーは「生態学」という意味で、生物の生活や環境学との関係、つまり「環境にいい」という意味につながっています。
 一方でエコノミー(economy)のエコとも言われていて、エコノミーとは経済のこと。環境と経済はつながっていて、どちらか一方だけが発展してもうまくいかないのです。環境問題を世界中で解決していくことで世界の経済も発展し、人々が安全で豊かな生活を送れるようにと思いを込めて「エコ」という言葉が使われています。

住宅エコポイントとは?  

 さて、住宅エコポイントは地球温暖化対策の推進と経済の活性化を図ることを目的として、エコ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して一定のポイントを発行し、これを使ってさまざまな商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

(1)制度延長
 この制度も期限が定められていましたが、平成22年9月10日に閣議決定された「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」において、住宅エコポイントの延長が位置づけられました。(平成23年12月31日まで)

(2)対象拡充
 平成22年10月8日に閣議決定された「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」において、住宅エコポイントの対象拡充が位置づけられました。
 エコ住宅のリフォーム等に併せて設置する省エネ性能が優れた住宅システムの一体的導入を促進するため、住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)、節水型便器、高断熱浴槽へポイント発行対象を拡充しています。
*住宅エコポイントの対象拡充は、平成22年度補正予算が国会において成立した後に実施されます。前回に引続き太陽光発電設備は対象外となっています。

(3)ポイントの発行対象
 ①エコ住宅の新築
 ②エコリフォーム

(4)ポイントの交換対象
 ①省エネ・環境配慮製品
 ②各都道府県の地域産品
 ③全国型の地域産品
 ④商品券・プリペイドカード
 ⑤地域型商品券
 ⑥環境寄附

JAが扱うエコ商品  

 JA紀南におきましても、地球温暖化防止や環境保全の社会的役割を果たす一環として、さまざまなエコに関する商品がございます。例えば、太陽光発電システムを設置するために利用するローンでは「JAバンク エコリフォームローン」、「JA住宅ローン エコ軽減」がございます。また、ハイブリッド自動車等の購入には「JAバンク エコマイカーローン」があり、これらのエコ商品に該当すれば、金利軽減が受けられ利息の軽減につながります。詳しいことは最寄りのJAまたはローンセンターにご相談ください。

最後に…
 人生での大きな買い物は、住宅や自動車と言われています。現在、これらを購入する環境としては、住宅エコポイントやエコ商品の低金利等は有利な環境と考えられ、見逃せないポイントの一つであります。このようなポイントを利用しながら、少しでも負担が少なくなるように考えることも先行きの見えない時代には大変重要なことではないでしょうか。

*住宅エコポイント…住宅エコポイント事務局ホームページ(http://jutaku.eco-points.jp)を参照しています。詳しくは上記ホームページで確認をお願い致します。

ローンセンター
ファイナンシャル・プランナー 田井勇次

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional