JA紀南広報誌

2010年12月号p06-02

国産農産物を食べよう  

来店客にミカン「天」配布
紀菜柑などでPR  

来店客にアピールする本田専務(紀菜柑で)

 「食育の日」にあたる10月19日、JA紀南は紀菜柑とAコープCOOK GARDEN店頭で、国産農産物の良さをPRする「みんなのよい食プロジェクト」を実施し、来店客に国産や地場産農産物を消費するよう呼びかけた。
 このプロジェクトは日本人にとって「よい食」とは何かを、JAや生産者、消費者が共に考え行動していくJAグループの全国的な取り組み。この日は県下JAが統一的に街宣活動した。
 中家徹組合長や本田勉専務らが、来店客に紀南のブランドミカン「天」と、国産農産物を食べることの意義や狙いが書かれたリーフレット200人分を配布。「国産、地場産をしっかり食べましょう」と一人ひとりに声かけした。
 JAのマスコット「うめっぴ&みかっぴ」の着ぐるみも駆けつけ、買い物客や子どもたちに愛嬌を振りまいた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional