JA紀南広報誌

2010年10月号p29-01

グッドヘルスケア 第88回  

夏バテしない体づくりを  

 毎日暑いですが、クーラーの中に入りっぱなしになっていませんか? クーラーの効いた部屋の中に1日いると、血行が悪くなったり、冷えの原因になります。体が冷えたままだとゆっくり眠れなかったり、食欲不振になり、夏バテになります。
 夏バテにならないためにポイントを押さえましょう。
◎水分補給はこまめに。冷たいものを一度にたくさん飲まない。
◎冷たく喉ごしの良いものばかりを食べない。カレーなどの香辛料には食欲を増進させるだけでなく、消化を助ける働きもある。
◎クーラーの設定は28度に。暑い場合は扇風機などで風を送ると涼しく感じる。
◎1日の冷えや疲れをとるために、ぬるめのお風呂につかる。足湯も効果あり。
 夏バテの原因は環境ストレスによるものですが、これに拍車をかけるのが、自律神経の不調です。暑さのせいで食欲がなくなったり、食べる時間がマチマチになる、睡眠不足になる…。
 こうした不規則な生活が続くと、自律神経がバランスを失い、疲れやすくなったり、立ちくらみがしたりと様々な不調を引き起こしていまします。
 夏バテによる不調を元気にするには、食欲がなくてもバランスの良い食事を心がけ、睡眠を充分にとることが欠かせません。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional