JA紀南広報誌

2010年10月号p27-01

きらっと通信  

調理実習や収穫体験
夏野菜の活用術を学ぶ  

お酢の効能を学ぶ受講生

 JA紀南女性大学「きらっと」は8月5日、第13回講義「agri style vol.1~healthyな夏~」と題した夏野菜の勉強会を開きました。受講生19人は調理実習や収穫体験を通して夏野菜の活用法を学びました。
 講義は2部構成で、1部は株式会社大興産業の猪原さんを講師に招き、お酢を使った簡単レシピの紹介がありました。五倍酢やらっきょう酢などの効能の説明や料理の手ほどきを受け、試食した受講生は「おいしい」「簡単!」と喜んでいました。
 第2部はJA学童農園での夏野菜の収穫体験。ミニトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、キュウリなどを収穫しました。
 夏休み中の開催ということで受講生の子どもの参加もあり、「帰ってから家族に野菜の収穫を自慢していたよ」「子どもが嫌いな酢の物をペロリと食べていた」など、受講生からうれしい報告を受けました。
(生活部広報委員・谷智恵)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional