JA紀南広報誌

2010年10月号p26-02

父ちゃんに一言申す  

楽しみは定年までお預け  

 パソコン、日曜大工、料理、釣りと器用な主人だから、「あんた得やネ!」と友達は言うけれど、何で家のことにはそんなに無関心なんでしょうねぇ?
 嫁いで24年経った私の方が、お父さんに比べて家や土地事情までも詳しくなりました。今年は、近所の年輩の方に稲作を教わり、おかげさまで豊作でしたね。
 「あれこれと教わるうちに、交友関係も広がったよ」「農業って、楽しいわよ」と話すと、「えらかったのう。何でも楽しめる良い性格やのう。ほんま、すごいで」と茶化すお父さん。
 そうじゃなくって。分からないかな? まあいいよ。これで、我が家が上手く回っているみたいだから。
 農業の楽しさを一緒に味わいたいささやかな願いは、定年退職までお預けってことで。そのころの私、立派なお百姓おばさん(笑)
 これからも、お互いの持ち前を生かし、愉快に過ごしましょうね。
(上富田ブロック生馬支部・匿名希望)

雑食系妻からのオネガイ  

 「米は野菜だ! だからウサギのエサ(青菜)なぞ、食べなくても良い」
 以前から胸を張って、主張していた肉食系男子の父ちゃん。
 テレビで肉食系バイオリニストの「牛が草を食べているので、牛肉を食べればそれで野菜は取れている」の発言を聞いて、吾が意を得たり!と、ものすごく嬉しそう。
 だけど、アナタのスネにガップリとかじりついている妻のために、もう少し野菜を食べてね!
 牛からじゃなく、アナタのスネから野菜を取ろうと企んでいる、雑食系の妻からの、オ・ネ・ガ・イ!
  (田辺市・匿名希望)
 送稿歓迎 送り先=JA紀南企画開発課(〒646―0027田辺市朝日ヶ丘24―17)。採用分には薄謝進呈します。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional