JA紀南広報誌

2010年10月号p25-02

編 集 記  

■この欄は子どもたちが読んでいないと思われるので告白すると、前ページの関空イベントに登場した「みかっぴ」には、私が中に入っている。この猛暑で、着ぐるみの熱中症対策もニュースで取り上げられたほどで、それなりに対策をして挑んだ。しかし、想像を絶する暑さのうえ重さも加わり、大変さを思い知った2日間だった。しかも子どもたちの愛情表現(?)の体当たりの衝撃が予想以上に激しく、「みかっぴ」は笑っていても、中の私は満身創痍。そんな時、幼稚園児くらいの女の子が、目を輝かせながら笑顔で近づいて来て言った。「みかっぴ、ずっと友達だからね!」。あまりの純粋さ、かわいらしさに、着ぐるみの中で「暑い、しんどい…」と愚痴をこぼして、動きが緩慢になっていた自分が恥ずかしくなった。これからは心を入れ替え、どんな仕事に対してもプロ意識で臨みたい。(高橋)

■プロゴルファーの石川遼、彼をテレビで見ない日がないくらい、よく見かける。女子選手の活躍も目ざましく、日曜の中継やスポーツニュースなどでもゴルフ人気の復活を思わせる。そのせいか私の周りでもゴルフの話題がよく耳に飛び込んでくる。まるで興味がなかった私も、4月にJAゴルフコンペの取材に行ったときに興味を持ち、職場の先輩方にお願いして打ちっ放しに連れていってもらった。クラブの握り方からスイングまで指導を受け、夢中で地面を叩きながらボールを打ち込んだ。同僚Fにニヤニヤと笑われながら…。ゴルフはうまくいかなかったが、運動後のおいしいビールにはありつけた。その後、3日間の筋肉痛となり、あまりに情けない自分にビックリ。そろそろスポーツの秋。運動後のビールを楽しみに体を動かしてみようかな。(栗栖)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional