JA紀南広報誌

2010年10月号p25-01

家の光  

水本 みき(日置支所生活指導員)
ゆうゆうと百歳元気!  

 家の光9月号の「ゆうゆうと百歳現役」には、明治から平成の時代を乗り越え、うれしいこと、楽しいこと、悲しいことなど、百年間の思いを胸に、今も家族や社会のために活躍し続ける方々が紹介されています。それぞれの人生を歩まれた皆さんですが、今も元気でさわやかに年を重ねられています様子が伝わります。
 また、「フレミズ新聞」コーナーには、JA紀南フレッシュミズ部会長の藤山雅子さんが寄稿されています。毎年行われている梅もぎツアーの講師役をされ、参加者との楽しかったエピソードやうれしい出会い等が紹介されています。

11月号予告
*定価 880円(別冊付録とも・税込み)
*お申し込みはお近くのJAまで。

1冊の本が人生を変える

 読書は知識を高め、心を豊かにするだけではありません。ときとしてその人の人生まで変えてしまうような大きな力を持つことがあります。今回はさまざまな職業の人たちの「わたしの人生を変えた1冊」をエピソードとともに紹介します。

気持ちが伝わる
自家生産物の贈り方

 自宅で採れた野菜や果物、それらを加工した漬け物やみそ、ジャムなどをお世話になった方々に贈る方法を紹介します。贈り物上手な人たちの、とっておきの贈る技術を提案します。

冬のあったか家族鍋

 寒い冬は温かい鍋を食べ、からだの芯からポカポカになるのがいちばん。そんな家族みんなで囲みたくなる鍋を、料理研究家のコウケンテツさん、コウ静子さん、李映林さんに教わります。

畑の情報便
ミニハウスを使いこなす

 空いている畑があったら、小規模のビニールハウスをつくってみませんか。冬でも野菜を作ったり、苗を育てたりするなど、さまざまなメリットがあります。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional