JA紀南広報誌

2010年10月号p24-01

国産農産物を食べよう!  

紀菜柑とAPIAで街宣活動
みんなのよい食プロジェクト  

地場産農産物PRの一環で新米のつかみ取りを実施(紀菜柑)

 野菜の日の8月31日、JAグループが進める「みんなのよい食プロジェクト」の一環として、JA紀南は紀菜柑とAコープAPIAの2カ所で農産物やリーフレット配布による街頭宣伝を行い、来店客への国産農産物の啓発活動を行いました。
 食料自給率の低下や輸入食品事故の頻発を受け、国産農産物の理解を深めてもらおうと2年前からプロジェクトを開始。運動の連帯感を発揮しようと、この日は県内JAが一斉に独自の宣伝活動を実施しました。
 店頭では中家徹組合長、本田勉専務らが来店客に梅干しを配布。特設ブースでは紀南産新米コシヒカリのつかみ取りを行い、地元農産物をPRしました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional