JA紀南広報誌

2010年10月号p11-02

「熱中症対策に梅干し」をPR  

紀州田辺うめ振興協議会  

NHK体操会で梅干し配布  

ラジオ体操参加者に梅干しを配布

 「NHK夏季巡回ラジオ体操みんなの体操会」が8月26日、田辺市扇ヶ浜公園カッパークで開かれ、紀州田辺うめ振興協議会が「熱中症対策に梅干しを!」を合い言葉に参加者にPRした。
 冒頭で真砂会長は、「まだまだ残暑も厳しく暑い夏を乗り切るには2つのポイント、紀州の梅干しを食べること、朝のラジオ体操が体にいいので、この2つで元気に乗り切ろう」とあいさつ。
 会場に駆けつけた参加者に、JA紀南の塩分7%一粒梅干しを約1000個配布。参加者からは、「夏バテ防止に梅干しいいよね」との声が聞かれた。

大阪国際空港でもアピール  

松井絵里奈さん(右)がトークショーで梅をPR

 8月25日~27日には、大阪国際空港で行われた「聖地熊野を核とした癒しと蘇りの観光圏」というイベントに協議会も参加し、紀州田辺の梅をアピールした。
 会場では観光アンケートを記入した来場者1000人に梅干しを配布し、3000人に梅ジュースの試飲をすすめ、「熱中症に梅干し」というパネル展示も行った。
 また、タレントの松井絵里奈さんのトークショーも行われ、その中で梅干しの話題も上がり「梅干しは好き。熱中症と夏バテにはもってこいですね」と話す場面があった。後日、松井さんのブログでも取り上げられた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional