JA紀南広報誌

2009年9月号p22-03

2008年9月号もくじ

画像の説明

夏野菜で福神漬け作り  

加工品講習会に70人

画像の説明

白浜ブロックとんだ支部
 白浜ブロックとんだ支部(後畑サワヱ支部長)は7月7日から4日間、農業研修会館など5会場で加工品講習会を開き、会員70人が参加して福神漬けと甘い梅干しを作りました。
 七福神にちなんで7種類の野菜を使うことから、名付けられた福神漬けですが、この日は、ナス、レンコン、ニンジン、キュウリ、ダイコン、ショウガの6種類の夏野菜を使って作りました。
 野菜を刻む係と、調味料を作る係に分かれ、会員らはニンジンなど硬い材料は薄く切ったり、調味料では分量に気をつけながら手際よく作業を進めました。
 2品目の甘い梅干しは、一晩塩抜きをした梅干しを合わせ調味料に漬込むだけで、一週間ほどで出来上がり。
 試食した会員からは、「おいしい」「ごはんを持って来ればよかった」などの声が聞かれました。(白浜地区広報委員・巨海千都佳)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional