JA紀南広報誌

2009年9月号p10-01

2008年9月号もくじ

第7回JA紀南旗争奪ちゃぐりん学童野球大会  

白球追いかけ熱戦展開
24チームが栄冠目指す
 第7回JA紀南旗争奪ちゃぐりん学童野球大会が7月24日から25日にかけて田辺市民球場など4カ所で開かれ、24チームが熱戦を繰り広げました。準決勝以降の試合は雨天のため日程が順延されましたので、入賞チームは次号で紹介します。

 大会は青少年の健全育成とスポーツを通じ次世代のJA活動への理解と参加を促進しようと、田辺・西牟婁学童協議会が主催し、JA紀南が後援しているもの。
 今年は新型インフルエンザの影響で開会式を見合わせましたが、各会場では選手の気合いのこもった声が響き渡っていました。 攻守ともに全力プレーが随所に見られ、投手と打者の真剣勝負、ベース上でのクロスプレーなど息を飲む場面の連続でした。 選手たちが一生懸命白球を追う姿に、応援に来ていた保護者らは大きな声援を飛ばし、試合を一層盛り上げていました。
 熱戦の結果、ベスト4に進出したのは、田辺第二クラブ、上秋津少年野球クラブ、龍神少年野球クラブ、西富田少年野球クラブ。栄冠目指して8月9日に4チームが激突します。
 なお、8月20日ごろから8月末まで田辺市秋津町のファーマーズマーケット「紀菜柑」で大会の写真を展示します。ぜひご家族で見に来てください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional